August 09, 2007

遠い向こうの世界。

眩しいとかむうっとするとか、そういう問題じゃない。
ここ最近の南国は狂ったように太陽が近くよどんでいる。
狂。けものへんにおう。
獣のように王のごとく燃えろ。それが狂うなのか?
狂い死ぬように生きろと、ある人が私に言った言葉を思いだしながら、
今日の午後、姶良の向こうの村に車を走らせた。
目指すは、10年前から誰も住んでいない民家。
さびれた鍵を助手席に置き、
国道10号線を加治木方面に車を走らせると、
どこまでも広がる快晴の下、右手に青々と水をたたえた錦江湾。
正面にどんと構えた豪快な桜島が見える。
やがて国道から県道に入り、
幾つかの山を越え、やがて部落に着いた。
このあたりからゆっくりと車を走らせる。
3つ目の角に目印の看板が見えた。やがて民家が視界に入った。
坂の上にある古びた木造の家は死んだように眠っていた。
さびれた鍵を鍵穴に差し込むと、じりっと音がしてカチンと開いた。
ドアを開けると、腐ったような空気が流れ出し、
家の中に靴のまま足を踏み入れる。
床が抜けそうなほどぎしぎしと音がする。
10年前から時間が止まったままの家は、不気味な光景だった。
台所には食器だながそのままあり、食器もそのまま入っている。
カレンダーは10年前の3月。
時計は午前10時20分を指したまま。
炊飯器も冷蔵庫も昨日の続きのよう。
テレビも本だなも扇風機も、
さっきまで誰かが使っていたかのように、確かにそこに存在していた。
人が暮らしていた息づかい匂いが、
10年経過した今もきっちり主張しているその空間に、
私は言葉を失い、冷や汗が出て転びそうになった。
ひとつひとつの部屋をじっと見ながら、
辿りついた最後の部屋に埃まみれの仏壇があった。
どこかでみたような風情の方々の写真が、何枚も飾られている。
そっと近づき覗き込む。それが誰だか私にはわからない。
供養する為、バックにしまった。目的完了。
これ以上長くいると、10年分、飛ぶような気がして、
慌てて家を出て鍵を閉めた。
大きく深く息をした。





m-17_02412 at 22:15 

August 04, 2007

時の流れに身を任せたい

005とか006とか007とか好き。
パソコンしながら、耳はすまっぷう。
ライブがないなら、DVD見るしかCD聞くしかないもん。

それと最近はまっているのがまたまたまたケツメイシ。
私の中で、数10回目の流行。
娘の部屋から盗んできたMDを、
お店が暇な明け方、一人、和賀ではなく、我世界に浸って、
お酒をちびちび呑みながら聞いている。

いつ聞いても、「東京」には泣かされるなあ。
なんなんだ?つぼにはまり過ぎる。
そして泣いてすーっとするのだ。

これでどうにかわたしがわたしでいられるのかもしれない。
とにかく無事に8月を終わらせたいのが本音。
初告白だが、沖縄に行きたい病が最近激しい。
追い詰められると、沖縄に行きたくなる。

娘に「いっしょに逃げない?」と誘った事があるが、
「○○さんの生きていける街ではないよ」と、あっさり断られた。
娘はわたしを名前にさんをつけて呼ぶ。
彼女が中学の時、ママと呼ぶのを止めさせたのはわたし。
理由は覚えていない。
それ以来、私は○○さんと呼ばれている。

話は戻し、彼女は2度ほど沖縄を訪れている。
わたしは行った事がない。

あいらぶおきなわ。あいらぶらぶおきなわ。

あーあーあー。

m-17_02412 at 19:42コメント(0)トラックバック(0) 

August 02, 2007

台風と書いてまた?と読む

小雨だが、横殴りの雨が降っている。
風も強い。傘をさして歩いたら飛ばされるだろう。
上陸はしていないが、やはり台風は台風。
それなりに暴れている。

今日は華やかな友人とお昼を食べお茶をした。
ランチは、黒福多 http://kurobuta.fc2web.com/
お茶は、タカプラ前の二階。コロッケ倶楽部の上。

彼女は繊細だ。どこまでもどこまでも。
優雅に笑う彼女からは、微塵もそんな影は見えない。
よほど親しい人しか知らない事情。
人はいろんな意味で満ち足りた生活をしていても、悩みはあるもの。
それがにんげん。

それにしても、あの子もこの子もうちの妹までもみーんーなバカンス。
バンバンバカンス。

イギリススペインドイツハワイハワイハワイ。
そんなに外国が好きだったのか?私の回りは。

いつのまにか完全無欠の庶民になった私には、ほど遠い日常。

なので今からお仕事。

4、5、6月と追い詰められ、冷静になる為、7月はゆっくり動いた。
そして8月。
私の気持ちはまだ固まってはいない。
けど、下から突き上げられるように事は動き出している。
静かに穏やかに丁寧に暮らしたいのが本心。けど、無理っぽい。
波瀾万丈にしか、生きられないのか?
きつい課題ばかりが、のしかかってくるわたし。
よほど前世での行いが悪かったとしか思えない。

行くしかないね。








m-17_02412 at 20:46コメント(0)トラックバック(0) 

August 01, 2007

なんくるなるさあ!

と、思いたいが、実はかなりの重症。
みんなが思うほど、わたしは強くない。
けど、たぶんやっぱりそこそこ強いんだろう。普通よりは。
普通ってなによ?どのへんよ?

まあいいか。とにかく地道に生きていこう。
昨日より今日、そして明日。
7月も終わっちまった。悲しみは消そう。
やつれて、同情でも買ってみたいが、
どうあがいても無理だろう。
堕ちているのに、派手なのも、
辛いといえば辛いものがある今日この頃。
どうにかなんべ。いつもそうだったもの。


あちらにはますます、
ばかっぽいことが書けなくなってきた。
たぶん、ここはまだ隠れ家。





m-17_02412 at 04:03コメント(0)トラックバック(0) 

July 31, 2007

過ぎて今もなお

ビストロ終わり、階段上で、
シャツの上のボタンをあけ、タバコを吸う君。
ここだけで、御飯数杯頂ける。ああ感謝。

今となれば、いけでもみずでもよい。
その後、やたら気にして発言していた、
かっこいいけどおばかなあの子も、いとおしい。
ここだけで、数杯飲める。ああ感謝。

ぜーんーぶ見たら、有り得ない数のキャラをこなし、
自分が誰だかわからないまま、動き続け、
スタジオの中にメンバーを見つけると、
ほっとした顔で微笑む、でかくて可愛いあの子、
ほんとにほんとにごくろうさま。

ワインパーティーのくだりも、
偽ゴクウの「あと3時間がんばれ」も、
4人が絡んだなにもかもが、
ぐちゃぐちゃまるめたいくらい大好きだ。

ひろちゃんが司会の5回より、
なぜか今回の方が後を引いているのは、
たぶん、たぶん、ライブが決まっていないからだろう。

すまっぷ。すまっぷ。すまっぷ。
たかがすまっぷされどすまっぷ。
だけどすまっぷなのよすまっぷ・・・・。


m-17_02412 at 19:22コメント(0)トラックバック(0) 
Profile