September 2001

September 27, 2001

ハイビスカスと小さくて可愛いruちゃん♪

今日の南国は突然の秋。
雨がシトシト降りさみ〜のです。
眠気が止まらない私は、うとうとお昼寝。
先週伊勢丹の地下で買ったココナッツ系の芳香剤が部屋中を甘い匂いで満たしている。
そのせいか奄美大島の空港にいる夢を見た。(単純な奴・・・)

小さくて可愛いruちゃんは、大きな赤いハイビスカスの花束を抱え、私と押し問答中。
小さくて可愛いruちゃんは、この花を東京へ持ち帰り、でかくて可愛い慎吾にあげたいのだ。
が、テロのせいで空港チェックが激しく飛行機内に持ち込めない。
そこでダンボールの中に、ハイビスカスとruちゃんを詰めてくれと、私の腕をぐるんぐるん回しまくる。
困りまくるおうひ。
そこへ追い討ちをかけるようにruちゃんは、
「ミニモニだってロッカーに入れるんだよ!私だってだいじょうぶ!
 東スタで、『ruちゃんてコンパクトだね。』って言ってくれたのおうひじゃん!
 ダンボールに詰めてくれないと、じいさんに言いつけちゃうもんね!」(じいさん=某リーダー)
興奮して話ながら、余りの軽さからか宙を舞うruちゃん。
じいさんに言いつけられたくない私は、そおっと聞いてみた。
「トイレとかご飯はどうするの?」
ニコニコ顔で私の回りを飛びながら、「小さいから我慢できる〜♪」と強気のruちゃん。
「それに、携帯で連絡もできるしね!パソコンもいれておけばばっちりでしょ!」と、慎吾への愛ゆえ強気は倍増。
そうか!ruちゃんの無事を確認し続ける為、ずぅぅっとチャットしとけばいいんだわ!
おかしな考えを思いついた私は、ruちゃんに「待っててね。」と言い残し、
空港1階の受け付けカウンターまで走った。
「すいません〜宅急便出したんですけどお〜ダンボールはどこで売ってますか?」
と言う私の声を遮るように、頭上からruちゃんの悲鳴が!
「お・う・ひ!ぐりんぐりん歌ってたら降りれなくなっちゃったよお!!!」
空港中の人々がruちゃんを見上げる中、宙を舞うruちゃんを見上げ
どうしたらいいものか?途方にくれるおうひだった・・・。

m-17_02412 at 18:39トラックバック(0) 

September 25, 2001

終わっちまいましたあ。

東京ドームにてスマライブ前後の東京は肌寒く、
いかにも秋到来という雰囲気でしたが、
南国空港へ戻り、日差しの強さとモアモア感のある暑さに
「あれまあ!まだ夏いたのお?」と驚くばかり。
朝晩の温度はだいぶ低くなり秋めいてはきていますが、日中は半袖で充分な私。 
しかし南国育ちの人々には、このまだあぢーさの残った今がまさに秋なんですね。
長袖着てる人もけっこういます。
暑さ寒さを感じる温度感が違うみたい。(笑)

さあて、お祭り騒ぎのスマライブも札幌を残すのみ。
私のライブは東京ドームでオーラスを迎えました。
中居の『はうえばあ』を聞きながら、
「祈る気持ちになるのもこれが最後だわ。」と涙がじんわり。
ゴロウの顔つきTシャツを着た笑顔満載の彼らに涙がほろほろ。
ほんとになんでこうツボを次々とつきまくるのさ。(嬉)

それにしても、中居のじいさん化は進むばかりなりです。
飲み物はほとんど飲まず、踊りもガンガンだった東スタ、福岡は幻のようよ。
あんなに気合いれまくっていたのに。(笑)
ゴロウの名前からメンバーが消え、ほっとしたんでしょうけど♪

今の私は、学生時代の文化祭、体育祭等の後のよう。
虚脱感に覆われ、抜け殻状態・・・。(笑)
「来年は5人でやるよ〜。」と言ってくれたじいの言葉を胸に
ゴロウが戻ってくる日を静かに待つわん。

m-17_02412 at 06:50トラックバック(0) 

September 20, 2001

夢の補足と『中居の家族会議〜』と飛行機乗るぅ〜!

↑馬鹿みたいな題で恥ずかしい。うふ。
↓の夢に登場するAちゃんは、本人もお気づきの通り、最近少しお痩せになったあなたです。(笑)
現実のAちゃんは、ピエロや人形の柄をHPに使うようなタイプではなく、ペンライトをふりふりする人でもありません。
だってもってないもんね。ペンライト♪
夢の中の私は、このような普段とちがうAちゃんに少しドキマギしておりました。(笑)
人魚はまんま、現実と変わらずです。ぶははは!!!

そして『中居の家族〜』の感想は「ありゃりゃ〜りゃりゃ?」とでも、表現すれば充分でしょう!
どうしたらあんな子に?とか、どうしたらあんなママに?とか、お考えの方も多いとは思います。
しかし16才と14才の子供がいる私は、今まで東京、南国で子育てをしてきて、
いろんなタイプの母親に突き当り、偉そうな言い方ですが、
「それはおかしいだろう?」と感じた母達数知れず・・・。(笑)
子供への接し方、育て方で首をかしげ、回りの人間への配慮等で頭に来た事もしばしば有り。
(実は最近もすげーブチキレタことがあったのだよ。以下自制。)
父、祖母、祖父、家庭環境など自ら、おかしな子供育成中に出くわした事実も何度か。(笑)

問題は、あのような(テレビに出ていたような)子供達と、ごくごく普通に生活している子供達が、
共存して生きていかなければいけないということです。
お互い、なんだかんだとシンドイと思うよ〜。 
特に、学校はいやでも毎日顔合わせないといけないからね。
真面目な話はこのぐらいにして。(笑)

茶髪、デコ出し、スーツなホストまがいの中居はたまりませんね!
どこか茂くんとかぶるところはあれど、お目目がハート。(照)

今日は朝からバンバン書いているけど、実は時間がないのよ〜!
台風はそれたようで、無事旅立てるう!
なわけで、私にとってのオーラス!東京ドームを堪能してきます♪
23日にお帰りの予定よん。

m-17_02412 at 14:06トラックバック(0) 

なぜに上野(スマ友オフ会)?

昨晩は台風情報を気にしつつ、眠りについたのは明け方だった。
そして、またおかしな夢を見た。

出演者・・・Aちゃん、AちゃんのHP(実際にはない)、人魚、チョナンカン、おうひ。
私とAちゃんは、上野にあるホテル内の中華料理店にいた。
そのホテルというのが、聞いた事もないような川沿いに在る初めて知ったホテルで、
私はどこかでAちゃんと待ち合わせをし、連れてこられたようだ。
どことなく薄汚れたそのホテルは人影もなく、
日本語のわからないらしい従業員が数名フロントにいるだけだった。

中華料理店はかなり大きく、真っ赤なテーブルと椅子が所狭しと並べられているが
私達以外の客はなく、赤いチャイナ服を着た店員さんが1人で切り盛りしている。

「みんな遅いねえ〜。」とAちゃんが言った。
「ホントにここ?」私は、聞いた。
「まちがえないわ♪」と、Aちゃんは足元の大きなブルーのバックから
小さなパソコンを取り出しテーブルの隅に置き、ネットを繋げた。
みんな揃ってからと、私達はまだ何も料理を頼んではいなかった。
ところがおかまいなしに、チャイナ服を着た店員は、サービスだと言い張り次から次へと料理を運んでくる。
こまったちゃんの私の横で、ニコニコ顔のAちゃんは「ここ♪書いてある♪」と私に言った。
ピンクの背景の中、小さなピエロや人形達が踊る掲示板に、
『上野○○ホテル▲▲中華料理店でオフ会決定』の文字がある。
「ん?これ誰のHP?」と私はAちゃんに問い掛けると
「私のHP♪」と、満面の笑みのAちゃん。
「知らなかった〜!」私は大声で叫んでしまった。
「実は、おうひが飛行機に乗ってこっちに向かってる間にオープンしたの。ここ押して♪」と、
人形やピエロを指差すAちゃん。
私は言われるがままに、クイックすると・・・・
ピエロや人形が歌いだした。わはは!!!さすがAちゃんだ。

そこへ、私の携帯が鳴り、人魚から電話。
「もしもしおうひ〜! もうすぐ着くと思うんですがあ〜そのホテルは、直江のマンションの先ですよね?」
「ん?そうなの?」と私。
Aちゃんに確認したところ、「そうよ。」とのお答え。
「へえええ〜!!!」と、2度目の驚きでまた叫ぶ私。(笑)
すると、人魚が奇妙な事を言い出した。
「おうひ〜♪ チョナンカンの出前頼んでおきましたから〜。いっしょに連れて行きます。」
「なんですと!!!!わけわかんね〜よ〜!」と、私はAちゃんの方を見ると
Aちゃんの視線は中華料理店の入り口。
そこには、人魚とあの服あの顔のチョナンカンが立っていた。
そして、「朝日〜」の伴奏が流れ始めノリノリで歌いだすチョナン。
歩きながら、お店の中央へ移動。
私の横に座った人魚は、得意顔でこういった。「人数分頼んでありますから!」
「はあ?」「だ〜か〜ら〜10人分です。10回歌うんです!」
「えっ???」今から10回、朝日を歌うのかあ?チョナンさま。
歌声のほうに目をやると、チャイナ服を着た店員が、
長方形の折畳式(どこでも持ち歩き可能、一人ステージ用)臨時ステージを、組み立ている真っ最中だった・・・。
その横で気持ちよさそうに歌うチョナンの姿が。(笑)
ふと、両側を見るとペンライトをふりふりしながら、チョナンに夢中のAちゃんと、
一人ばくばく肉だんごを頬張る人魚がいた・・・おしまい。

m-17_02412 at 08:05トラックバック(0) 

September 19, 2001

遠路より愛あればこそ

台風17号が関東地方の上を、明日の午前中前後には通過するらしい。
SMAPライブ参加の為、同夜、空路で東京へ向かう私・・・。
無事、南国を脱出できるかしら?(笑)
台風とライブの時期が、同じ頃という前提もあるのだけれど、
今まで何度となく、台風の進路を気にしつつ
ギリギリセーフで飛行機が飛んだ事数知れず。

今でもはっきり覚えているドキドキものは、鳥男ツアー、横浜スタジアム編。
出発予定日はどう考えても台風上陸日。
一日早い便で旅立つ事にしたのだが、
どうしてもはずせない子供の行事があり夕方の便でないと無理。

朝からソワソワしっぱなしで天気や空路状況をチェックしまくり、
その後、外の景色が見えないホールの中にいた私は、
お昼の3時過ぎ、館内の大きなガラス窓から外を見て驚いたのなんのって!
風はチョ―吹きまくり大粒の雨は横殴り、どう考えても無理な模様。
しかし、空港カウンターに電話したところ、欠航かどうかはまだ未定だそうで。(笑)
走行中の車が強い風で飛ばされそうな中、駄目もとで空港へ・・・。
空港には行く手を阻まれ困った人々があふれていた。
半分諦めかけていたら、まさかのまさか!な展開。
福岡経由で羽田に向かうというやる気まんまんのJAS見っけ♪
大好き好きよん!JASさまラブ☆(単純明解・・・)
はい!乗りましたとも。
時間はかかりましたが、どうにか東京へ辿り着きました。(笑)

「見れるのかな。どうかな。」と、思案のあげく東京へ着き、
友人達に会えた時の嬉しさったらもう!!幸せですぅ♪
そして、ライブの幕が開き、奴らのオーラビンビンのお顔を拝めた瞬間、
終わりよければすべてよし!と、興奮の渦に巻き込まれ、
いやな事は大概忘れちまうおうひなのでした。

m-17_02412 at 09:34トラックバック(0) 
Profile