November 2003

November 30, 2003

満州国と日本の架け橋のドラマ、はまったわ!(またもや本文に関係なし)

「増刊号」が始まる直前の時間に起きたら、誰もいなかった。
まあ、こんなものよ。
子供が大きくなるということは。
「増刊号」の裏で、ぷっくりしたままの林寛子も言っていた。
「御飯よ〜」と声をかけても、
一人ぐらい家族がいるかどうか、時には誰もいなかったりすると。
今思えば、子育てに奮闘していた頃がなつかしい。
18年なんて、もしかしたら瞬く間かもしれない。

さてなんで、こんなにゆっくりお目覚めかといえば、
明け方まで、本を読んでいたから。

「涙流れるままに」は、数日前に読み終わった。
この本は、私が普段好んで読む種類の本ではない。
「おもしろいから読んでごらん」と、友人に貰ったのだ。
おもしろいどころか、壮絶且新鮮な内容だった。
幾つかの事件を、交互にはさみながら、
これでもか!と、驚愕する事実が暴かれていく。
淡々と描かれる内容に、興味はどんどん加熱され、
追い込まれるように、ラストを迎えた。
愛のある終わり方で、最後はほのぼの。
たまには、自分のテリトリー以外に目をむけるのも、
なかなかよいかもしれない。

この本がとても重かったので、頭を軽くするため、
娘から借りた石田衣良の「フォーティーン」を、
いっきに昨晩遅く読破。

月島中に通う4人の男子生徒が主人公の、
ふんわりとした中にも、今時の問題を含んだ青春物。
やばいくらいブルーで悲しいほどピンクな物語。(意味わかんないし!)

いまどきの子供は、本を読まない印象があるが、
みんながみんな読まないわけではない。
うちの子の周辺は、みな本を読んでいる。
それぞれに買った本を交換して、読んだりもする。

娘とその友人達は、この本を読んで月島に興味を持ち、
もんじゃを食べに、出掛けていったりもした。
まさに青春ね。

そして、この本もまた私のテリトリー外。

で、次に読む本は、
遅ればせながら藤原伊織の「テロリストのパラソル」
これも、友人に以前に貰ったもの。

洋服も本もお下がりばかりになってきたな。ワタシ。


m-17_02412 at 14:55トラックバック(0) 

November 29, 2003

砂の器まだあと・・・

1月18日か!
よっしゃ。この日はすでに東京にいないとな。
三年ぶりのドラマだしな。
無料往復航空券片手に、発表の日を待っていたのよ。
「白い影」の時と同様、
幾つかの番宣は、まず南国では放送されないだろうし。
TBSは、慣れてないのでどこに出没するか?
わかりづらいのもあるし。
まてよ?確かこの日はセンター試験初日。
いやいや、たぶん関係ないだろう。
首尾よくすべて終わって、自動車学校に通っているはず。
いいのか?こんな母で。
うふふ。どんな母でも子は育つのさ。


m-17_02412 at 00:43トラックバック(0) 

November 28, 2003

毎日なにやってんだか

昨日は、外での用事の合間に、
ちゃっかり予約を入れ「美顔エステ」でまったりゆったり。
いつものこのお店、店舗移動の為、しばらくの間休業していたので、
ほんとひさしぶり。

お顔に蒸気をあてられ、
毛穴が全開に開く頃、「古い角質さよなら」と、
だんだんと眠りの世界へ瞬間移動。
ほんと気持ちいいのよねえ。
約一時間ほどのリラックスタイム。
最後に洗顔の仕方に、まだ癖があるようだと指摘される。
確かに、その部分に吹き出物ができやすい。
本人にはわからないお肌の調子を教えて貰えるのは有り難い。

この「美顔エステ」
ZARA価格に換算すると、綿シャツ1枚程度のお値段。
さすが南国。なんでもかんでもお安いのだ。

次回の帰京前に、あと一度は行きたいと思う。

m-17_02412 at 20:44トラックバック(0) 

吾郎までも映画!(本文と関係なし)

木曜日の夜は興奮が続く。
ん?何のことって?
テレビさ。テレビ!

まずは「うたばん」
萩原さんは、昔の面影はあれど、
どこか年老いてしまい、さほど魅力は感じなかった。
まだ53よ。もう53ではない。まだ53。
誰にも聞かれちゃいないが、ぜんぜんOK範囲!
あーもしかしたら、眉のせいかも。
眉、太すぎかも。
細い眉が好きなわけではない。
もう少し整えればよいのに。
だってあの眉、西郷さんみたいなんだもん。

次は「白い巨塔」
欲と願望と我侭と本能とおじぇじぇが絡み合い、
それはそれは凄い展開になってきた。
奥様達のゴルフ集会なんて、嘘、嘘、虚像の世界。
恐いセレブの集まりだ・・・。
それにしても、セレブらしからぬ婦人ばかりだったな。
ドクターの奥様って、
もっと個性的で華のある美女のイメージがあるぞ。
あくまでも、私の知るかぎりだが。

最後に「マンハッタンラブストーリー」
これは録画しておいて11時から見た。
矢印が反対向きになるわ。
赤羽ちゃんの目は虚ろになるわ。
マスターは携帯買うわ。
忍くんは「やめたいメール」をマスターに送るわ。
どれもこれも、おかしい!
ぶっさんまで登場して、嬉しいかぎり!

あー幸せ!(単純な奴・・・)


m-17_02412 at 14:49トラックバック(0) 

November 26, 2003

すきなんだもん

先週ZARA(東京)で、
ロングコートを買うか?買うまいか?さんざん悩んだ。
それも、出掛ける先々の街にあるすべての店舗で。
銀座、六本木ヒルズ、表参道、渋谷。
大いに悩んだ末、買わずに終わった。
だって南国では必要ないし。
東京で着る為だけに買うのは、もったいないかなと。

そんな私は今週、連日のように南国の大きなスーパーで、
キャベツにするか?レタスにするか?いや、白菜も捨て難い!
などと、大いに悩もうとしてふと我に返る。
なもん。全部買えばいいのよ!
どれも100円以下なんだから!!!
そうよ!南国は毎日が大安売りのようなもの!!!
悩まずガンガン買いまくっても平気平気!!!
大船に乗った気分でかごに入れていれて、最後、レジでお会計。
そこで、はたと気付く。
ZARAのコートは無理だけど、
スカート2枚くらいと、インナー2枚くらいは買える事に。

どうなってるんだ。私の脳内は。
日々の食費や雑費を、
ZARA値段にいちいち換算するなんて。

けど、座羅戸理子と言われてもおかしくないくらい、
ZARA好きだからな私達。(達って誰よ?)
南国に戻る日、銀座のZARAで悩んだあのバック、
買っちゃえばよかった。

「涙流れるままに」よおやく(上)を読み終わった。
ユースケのドラマより、もっともっと恐い!!!


m-17_02412 at 14:12トラックバック(0) 
Profile