February 2004

February 29, 2004

好きです。天文館。

この3月、新幹線が九州を突き抜ける。
今まで南国から福岡は、4時間近くかかった。
なんと2時間10分で行けるようになるのだ。
毎日、テレビではこの話題で持ちきり。
南国の街も、これに合わせて変わりつつある。
この数年、南国の街やお店は大きく変化を遂げている。
北埠頭の回りには、
おされな御飯屋さんやケーキ屋さんが増えた。
天文館の呑み屋さんも、地の物を使った洒落ているお店が倍増している。
それぞれ団地と呼ばれる山の上の住宅街や、
谷山方面、鹿児島大学周辺にも、
驚くほど素敵なカフェができていたりする。
九州最南端とはいえ、なかなか侮れない。

東京帰省中は、新宿や銀座、渋谷に年中いる私だが、
落ち着くとか居心地がいいとか思ったことはない。
あくまでも、遊びに行っているという感覚。
けど、天文館は違う。
家の延長、とても落ち着く心地よい場所なのだ。
先週南国に戻り、ほっとしている部分も多々ある私。
ずっと南国にいたら、それはそれで物足りないだろう。
けど、南国と東京の行き来が激しいのも、
飛行機に乗る度、酔い魂を抜かれるようで考えものだ・・・。
ちなみに3月は10日から東京。


m-17_02412 at 19:08トラックバック(0) 

あんなこともこんなことも今となればみんな想い出

息子の友達は、みな馬鹿だが素直で可愛い。
19歳になる男子を捕まえて、何事かと思われるだろう。
そこで想像して欲しい。
嵐の面々やジャニっ子が、ざくざくいるようなもの。
容姿は彼らと天と地の差だが、
言うことすることなにもかもが、おもしろおかしく楽しいのだ。
見た目は充分、青年の域に達している彼ら。
中身はまだまだあほ臭いおこちゃまのまんま。
そんな彼らも続々と大学が決まり、
待ってましたとばかりに教習所通いが始まった。
だから今朝も10時に、3人を南国中央駅まで車で送った。
それぞれ別々の教習所に向かって走り去っていった。
こんな毎日も後少し。
お互いの家に泊まりあい、
夜明けまでばか騒ぎできるのも、今月いっぱいだ。
桜咲く入学式までカウントダウン状態に入る。
浪人組と南国組の数人を除いて、
他全員が、福岡、広島、大阪、名古屋、東京に旅立っていく。
この6年、泣いて笑って励ましあって成長してきた大事な悪友。
特にこの最後の学年は、辛い受験をいっしょに乗り切ってきた仲間達。
そして、もうすぐ高校の卒業式。
私の方が涙でめろめろになりそう。


m-17_02412 at 18:49トラックバック(0) 

ちょっぴり遠出

8ヶ月前から通信講座で始めたある事があって、
それを金曜日の夕方によおやくポストに入れた。
(いつも日記に書いている「書類のような物」の事)
二晩ほど、ろくに眠らず仕上げたので、
「金スマ」が終わるのを待つかのように、眠ってしまった。

そして土曜日の朝、つまり↓の日記を書いた後、
友人と九州自動車道を加治木まで走り、
加治木から東九州自動車道に乗り換え、隼人、国分をぶっちぎった。
初めて乗る高速。初めて見る景色。
追われている毎日に少しの彩り。
自然が心に染みるぅ。

南国インターから、終点の末吉財部まで約45分。
あっというまに宮崎との県境。
インターから地図を頼りに、
「愛の里」という鶏料理を食べさせるお店に向かう。
ゆっくり車を走らせ、約30分。
ありました。昔ながらの古い古い民家。
薩摩の象徴、西郷さんの写真や、
薩摩藩を思わせる品々が飾られている時代が止まった家。
その家にたくさんの囲炉裏。
岩塩がまぶしてある鶏肉を炭火で焼いて食べるのだ。
勿論、自分で焼く。
もうもうと煙りが漂い、目が痛い。
けど、すげー美味しい。
おそばやおにぎり、鶏さしも最高。

ここは、南国のすみっこの末吉町なのだが、
回りに座って食べていた人々やお店の人の言葉が、
私が普段聞きなれた南国弁と少し違っていたみたい。

その後、遠出ついでに都城(宮崎県)まで行くことに。
道なりにただただまっすぐ走る。延々と山道。
そして、都城のジャスコまで30分ほど。
意外に近くてびっくり。
もっとびっくりはジャスコの破格な規模。
すげー!!!みたことない大きさ!!!
もっともっとびっくりは、ターリーズコーヒーと、
確か有楽町の駅前にある『紅』で始まる名前の餃子屋さんがあった事。
こんなとこまで出店しているとは!!!

ここまで来たら、次は都城の駅周辺をドライブ。
そして、名前は忘れたが滝がある公園にも行った。
帰り道、「天神通りカフェ」というおされなカフェで、
パンプキンのプリンとコーヒーを頂き、帰路に着く。
暗くなりかけた道を南国めざし、ゴウ。

そして、1時間半後に南国の家に到着。
息子の友達が2人、泊まりに来ていた。
この二人、大学が大阪と福岡。
もうすぐばいばいだ・・・。
ああ。ひとつの季節が終わるんだなあ。


m-17_02412 at 18:11トラックバック(0) 

February 28, 2004

昨日は『新選組の日』だったのね。

壬生浪士組が結成された日だと、ラジオで言っていた。

さて、ぼちぼち花粉が来ている。
いやーん。これさえなければ楽しい春なのに。

↓の日記以後、
つまり月曜日に南国に戻ってからの毎日はといえば、
まさしく怒涛の日々。
留守にしていた間に山積みになったお仕事、家事、
東京まで持っていって手つかずで持ち帰った書類のような物の作成。
そして、確定申告の準備。
来週は息子の卒業式があるので、
美容院に行き、カラーと美顔エステもした。
そんなわけで、すっかりネットから遠ざかっていた。
けど、こんな時にかぎって、書きたいことがいっぱい。
なのに書く時間がない。ううう〜書きたい。
残念だが、今もすでに時間がない。
また、夜に出直してくる・・・。


m-17_02412 at 08:46トラックバック(0) 

February 26, 2004

そしてこんなこと

家に帰り着いたのは夕方。
とりあえず寝たい。が、まずは食事。
飛行機に酔うと、なぜかいつもお腹が空く。
「やっぱりね」と、荷物を開け、
空腹になる事を見越して、
羽田で自分用に買っておいた「ばってら」を食べる。
家にあったパンも食べる。
食べ続ける私の横で、南国新聞ばりに、
私がいない間に起きた出来事とやらを、延々と話し続ける家族。
ごめんよ。なんせ頭の中がクリーム状態なので、
聞き取れているようないないような。
しばらくしてようやく満腹。
そこで話が途切れた瞬間を狙い、隣の部屋に移動。
寝ながら空が見えるマイべットに横たわる。
やっぱり最高!!! 心地よく眠れるぅ。

やがて木村の声がして目が覚めた。
わああ!「ヘイヘイへイ」とっくに終わってるじゃん!
嵐だったのに!!!悲しい・・・。
気を取り直し、木村の姿を追いながら、ぼおっと画面を眺めていた。
え???ハル、アキ、そしてナツだと!!!
いやーん。クリームがホイップ!!!ホイップ!!!
フユもそのうち出てくるのか?
私が気づいていないだけで、すでに出てきているのか?

くだらない事を考えていたら「スマスマ」が始まった。
ヤワラさんの「貴方は愛のプレリュード?」的発言の数々に、
見ているこっちがこっぱずかしくて、
ついにクリームが、カスタードに変化。(なあほな・・・)

けど竹の塚はおもしろかったし、
ケミとスマの共演もなかなかのものだったのでけっこう満足。

そして「あいのり」
やっぱりふーみんは嫌いだ。(それだけかい!)
11時半。
ことんと墜ちるように寝てしまった。 まだつづく?


m-17_02412 at 01:12トラックバック(0) 
Profile