March 2004

March 31, 2004

タイプの殿方

「新ニューヨーク恋物語」
期待して見たのに、内容は今ひとつだった。
過去の「ニューヨーク恋物語」の印象が、とても強いのだろう。
大人の危険な香りが漂う甘く切ないこの過去の「ニューヨーク恋物語」。
井上陽水の主題歌も、いい按配に脳に響き、
当時、まだおこちゃまだった私には、刺激的だったのかもしれない。
いろんな意味で成長期に、見聞きした事や物は、
忘れたくても忘れられないものだ。
けど、今回の話で自分でも意外だったことがある。
それは田村正和。
今まで一度も、彼をかっこいいとか素敵とか思った事はなかった。
けど、ときめいてしまったのよ。
惹かれてしまったのよ。
晩年を向かえた時、過去の栄光はいずこにと、
落ちぶれかけ酔いどれな雰囲気で、白髪、白い髭混じりの彼に。

最近、殿方の好みが変化しているなと、気づいてはいたのだが、
間違いないみたい。自分でもびっくらだ。
誰にも聞かれちゃいないが、中居に関してだけは、何も変わりはない。

さて、昨日は六本木にいた。
セレブとゆっくり会うつもりだったのに、
急用が入り、セレブと逢瀬中、お待たせして、
別の友人と会うことになってしまった。
あのセレブを1時間も、待たせてしまったのだ!
なんて、罰当たりなおうひ・・・。
ほんとごめんよ。セレブ。

けど、セレブとヒルズのZARAで、思う存分遊んで楽しかったな。
ZARAの誘惑に二人共、負けてしまったけど。うふふ。


m-17_02412 at 09:10トラックバック(0) 

March 30, 2004

ひでお

番組終了後、メール着信音を「宿命」に変えた。
日曜からどんどん時間が過ぎていく。
けど、後ろ髪をずっとひかれたまま。
涙まみれの顔で呆然と足を投げ出し、
ピアニカを吹くひでおが、頭から離れない。

m-17_02412 at 10:01トラックバック(0) 

March 29, 2004

「砂の器」最終回

昨晩の「砂の器」最終回(関東地区)
ふた山ちょいの数字をはじきだしたよう。
今、ビデオリサーチのHPで確認したばかり。
中居がよく、「記録より記憶に残したい」と言うが、
メンバーみな出揃ったこのクール、やっぱり気になるのが視聴率。
ファンや関係者は、そこそこの数字を確保したいのが本音だろう。
まるくおさまりなによりだ。

なによりは、なによりなんだが、
できるなら、最終回を2回に分けず、
2時間できっちり盛り上げ展開させ締めて欲しかった。
きっと局側、制作側、スポンサーサイド、
いろいろなしがらみがあったりで、無理な事なのだろうよ。

後ね。今となってみれば、
武田くん、サムライ刑事の奥さん、父、
市村さんの存在は、なんだったのか?とも思う。
主軸の話に絡みこんでくるならともかく、
そうでないなら、別にぞろぞろと、
役者をたくさん取り揃えなくてもよかったのでは?
武田くんは必要だが、最後が駐車場で「さよなら」では、
なんだか味気ないし、気になったままだ。
散りばめられた脇の登場人物が、交わったようで交わらず、
散り散りのまま終わってしまった。

三木の家を出たひでおが数年後に、
長崎で和賀になりかわったあたりも無理があったしなあ。

まあねえ。
視聴者から犯人と犯人を追う刑事が見えているのだから、
謎が少ないし、どきどきはらはらしづらいのは確か。

ただ毎回、逃げ歩く本浦親子の季節毎の鮮明な映像と、
サムライ刑事の強いオーラにやられっぱなしだったけどね。
おまけに腐っても中居ファン、和賀の数々の表情、眼力の虜さ。
そして最終回、和賀が捕まり車に乗る直前、
あさみ向けたあの顔にノックアウト。
そして最後の最後、父との対面、号泣、告白、「とおちゃん」の一言、
ピアニカを吹く姿にダブルノックアウト。

重く切なく悲しく辛く、
そして、本浦親子が村八分にあい事件を起こし、放浪した事実、意味を、
奥深くに込めたであろうこの「砂の器」。
見ていてしんどい事も多々あったが、来週からはないのだと思うと寂しい。


m-17_02412 at 17:03トラックバック(0) 

March 28, 2004

あっというまに3ヶ月過ぎて

東京のあちこちで、桜が咲き始めたよう。
昨晩、おもわぬ場所で、しだれ桜に出会い、よおやく気づいたワタシ。
毎日のように出歩いていて、いったい何処を見ていたのだろう。
季節が逆戻りしたような寒さも終わり、ついに春本番かな。

うふふ。そして・・・・
ついに今日、「砂の器」最終回。
和賀に酔える最後の夜。


m-17_02412 at 09:43トラックバック(0) 

March 27, 2004

木金土のわたし

木のお昼に銀座でセレブとちょこっと会った。
数時間後の別れ際、どっきりする事がありひえー。

プランタン上の「ベトナムアリス」でランチをしたのだが、
前回、新宿ルミネ上の「ベトナムアリス」で、
別の友人とランチをした時と、メニューはほぼ同じなのに、
お値段、盛り付けが違っていた。

金は早朝から羽田。
南国から上京する友人を迎えに行った。
そのまま目的地の阿佐ヶ谷へ。
阿佐ヶ谷駅で降りたのは、初めてかも。
吉祥寺に行く時、中央線の中から見ているだけだった景色。
降りて歩いてお店に入った。
新鮮で少しどきどきした。

そして今日は、夕方からお出かけ。
3時までは時間があるので、南国から持ってきた課題をこなす。


m-17_02412 at 11:00トラックバック(0) 
Profile