September 2005

September 29, 2005

ついに最終日

「男のりふと〜」でじわーんときて、
よぞらで、ぐさっときて、
そこからはもう、流れるがまま出るがまま。
前夜祭から、涙ほろりほろりほろりん。

福岡でのあれこれとか、
国立でのそれこれとか、
走馬灯のように頭の中を駆け巡り、
あー明日で終わりなんだなあと思うと、どうにも切なくて。
幸福なんだけど、哀しくて。

とにかく5人が、
目の前で、それも生で、繰り広げてくれるステージが、
どれだけ日々の励みになり癒しになり、
たくさんの元気をくれているのか、
あらためて噛み締めながら、ペンライトを振り続けたわたし。

ふと横を見れば、やっぱりるるもうるうる。

今日の私達、どうなっちゃうんだろう。

さて今から、2005年ライブ最後のランチに出かけます。
ランチ後、またもやフラフラと買い物をして、
昨日同様、荷物を増やし、ドームに乗り込む予定。
そして今日は、おうひ娘とるる娘も並んで参加。

最後の最後まで、しかとこの目に、
5人の姿を焼き付けて、
明日から新たにがんばらなきゃ。




m-17_02412 at 10:24トラックバック(0) 

September 28, 2005

冷え冷え

昨日のお昼、東京に着いたから。
あまりの寒さに、びっくりして、
おもわず、銀座でカーディガン、買っちゃったから。
ついでに「てもみん」も、しちゃったから。
で、今から早々と出かけるから。
スマップいん東京ドーム!記念のランチだから。
んじゃ!

m-17_02412 at 09:53トラックバック(0) 

September 25, 2005

少しだけ秋が来た

さすがの南国も、朝夕は涼しい今日この頃。
特番シーズン到来。

この前の木曜日は、たまげました。
7時にTBSをつけたら、すでに「とくばん」中なんだもの。
遅れをとらないように、しかとついていかないと。
秋祭とかTBS特番とか、忘れないようにね。

さて、ついに最終ライブまであと僅か。
あさっての火曜日お昼には、東京入りします。
東京ドームは、きっと涙涙涙でしょう。
るるとわたしは毎年、大泣きするのです。
なんか泣いてしまうのです。

そんな東京に向けて、
一昨日、全身マッサージで体をほぐし、
昨日、美容院とエステで綺麗っぽくなり、
(あくまでも、ぽくだけど)
その足で、夕飯に地鶏の焼き鳥と豚足を食べ、
今日は朝から仕事をこなし、
今から夕飯に黒豚のトンカツを食べに行く予定。
明日、とんとろラーメンを食べれば、ばっちりね。
何がばっちりって?
これだけ南国の名物を押さえておけば、
気分よく飛行機に乗れるわけです。
(1週間、留守にするだけで大袈裟な・・・)

では、御友達のみんな。
28日東京で!





m-17_02412 at 18:41トラックバック(0) 

September 24, 2005

時間と共に

「ナチュラル」谷村志穂、「 空中桜閣」津村節子、
「病む月」唯川恵、「昔の恋人」藤堂志津子。
うだうだ暮らしながらも、
文字から離れられない私は、
ちまちま本だけは読んでいた。
古本屋で手に取り、
どばっと買った時は、「きゃ!まだ読んでない!」と、
浮かれてどきどきしていた。
が、いざ一冊ずつ読み進めていけば、
どれもこれも薄く記憶がある。
遠い昔に読んだんだ…。
しかし、話の展開に驚いたり、
まさかの場面でぐっときたり。
以前とは、違う受け止め方をした。
違う感情、感想が沸いてきた。
そりゃーそうだろう。
あの頃から今まで、悲しい事楽しい事、いろいろあった。
あっただけ、くぐり抜けて来た分だけ、
私の気持ちも変わったわけだね。
身を通して知る我変化に、ニコリの気分。


m-17_02412 at 02:42トラックバック(0) 

新友

最近、仲良くなったNちゃんは私より一回り年下。
行きつけの小料理屋で大将経由共通の知人を介して知り合った。
それがまだ三ヶ月前の事。
その後、どちらからともなく連絡を取り合い、
時々、酒を酌み交わしている。
このNちゃん、南国生まれとは思えぬ美白美貌の持ち主。
見事なほど輝いている彼女から発するオーラは個性的だ。
それはまるで細くて強いオレンジ色の光線のよう。
その光線を交差させながらが放っているのだ。
数年前までは病院関係の仕事をしていた彼女。
とても賢くて常識的だ。
そして今はお水の世界に在籍。
夜の天文館で超高級と言われているクラブのナンバー2を張っている。
何が彼女をそうさせたのか?勿論、私などの知るよしではない。
おまけに、12も年上の私と遊んで何が楽しいのか?
これもまったくわからないのだが、
きっとナンフラのたまこ(彼女と同じ歳)と同じで、
ボランティア精神が強い娘なのだろう。
初めて会った時、彼女は何の迷いもなく私に尋ねた。
「どちらのお店のママですか?」
わはは!やっぱり私はどこぞのママに見えるらしい。
確かによく間違われる。
ぜんぜん嫌な気がしない私は、昼より夜がお似合いなのかもね。
こうなったら、どこぞの店のママのふりをして、
おもしろ可笑しく飲み歩いてやろうじゃないの。ぐは!


m-17_02412 at 01:00トラックバック(0) 
Profile